加賀雅之さんの木工WS レポート

  • 2019.12.12 Thursday
  • 22:14

 

napepanさんの「食卓の会」 

年内最後は 〜特別編〜

 

岡山の木工作家、加賀雅之さんをお招きして

1枚の板から、思い思いの彫を入れ、平皿を作る

ワークショップをお楽しみいただきました

 

彫刻刀を使うなんて、いつぶりだろうという会話が

聞こえてきます

 

想像していたよりも、硬い木でしたね、オニグルミ

細く彫る人、深く彫る人


 

彫っていくうちに、手慣れてきましたか?


 

メンテナンス法も教えていただきました

潤いのあるお皿に変身して皆さん、にっこり

加賀さんの伝えたかったことが、少しずつ

分かってきたような気がします


 

onigiri皿ですから、やっぱりおにぎりをのせなきゃ


 

というわけで、おにぎり

巣箱さんのお姉さんちで収穫した新米のお米です

napepanさんの具だくさんの粕汁といっしょに

 

がんばった疲れを少しほぐしました 

 

温厚で気さくな加賀さんと、心ゆくまでおしゃべり

和やかに、食卓の会が終わりました

お家の食卓で、お話がはずみますように

 

冬支度 aila -Xmas wreath-

  • 2019.12.07 Saturday
  • 19:14

 

ailaさんのリース作りのWSは1年ぶりです

昨年と変わらないのは、針葉樹のさわやかな香り

ボリュームたっぷりのグリーン

そして、美記さんのやさしい笑顔と手ほどき

 

変わったのは、主役の実です

トランペットという名前の実、ツボのような実から

♪でも出てきそうですが

市場でも、今シーズンしかあまり見かけないとか

なかなか存在感があります


 

丁寧にハサミを入れます

この手間が、あとあと経年の変化を楽しむリースに

 

ペースをつかんだら、皆さん「楽しい!」ムードに

なってきましたよ


 

全体を見渡して、バランスよく

 



完成も間近になってきました

 

美記さんお手製のチョコレートの焼き菓子で

ほっと一息


 

キャンドルを入れて、食卓にも

それぞれのお家で

冬のコーディネートをお楽しみください

次回は春にミモザのリースを予定しています

 

煎茶セミナーと和菓子

  • 2019.11.17 Sunday
  • 20:55

 

茶人のお正月、炉開きは千利休の

「柚子の色づくを見て・・・」という言葉から

11月はお茶の世界では、冬を迎えるひとつの節目

なんだそうです

持ってきてくださった柚子からそんなお話も

 

お茶の前に、sweet art 作家のひろみ先生と

和菓子の練り切り体験

「お正月のおもてなし」がテーマでしたので

来年の干支のねずみと椿を作ってみました

少々あやしいネズミもいましたか?(笑)

 

練り切りの体験後、村本さん(煎茶教室chao)のレッスン

煎茶をおいしく淹れるコツを習いました

お着物で背筋よく淹れてくださるお姿も素敵でした

 

「おいしい〜」そんな感想が思わず

お茶やおもてなしの流儀、和菓子のいただき方

Q&Aですっきりもしましたが

奥が深い、まだまだ入門



家族のために?自分のために?

寒くなってきましたので、お家であったかいお茶を

丁寧に淹れてみるのもいいですね

季節は巡り・・・

  • 2019.11.07 Thursday
  • 18:13

 

明るい髪に黒のターバンがよく似合っていました

お帰りは、バスケットに、ふふ〜ん♪

個々のセンスとテクニックに先生も始終驚いては

共に喜んでくださいました

 

ルルべちゃん

夏のWSに続き、リクエストから輪が広がって

秋冬バージョンの開催となりました


 

まゆみ先生のお宝資材箱を前に

「自由に使ってくれていいのよ〜」

そんな魔法の言葉に、皆さんのスイッチが入りました

ファーやツイード生地があふれるテーブル

 

今年はあちこちアニマル柄が流行?

嫌いだったひとでも、ちょっと気になりますか?

 

フラペチーノ、小さいけどしっかりスタバマーク

「あ〜、初志貫徹で作ってみた」って

イメージどおりです!

お次はデニムの似合うラフな子

 

難しいツイードの上着に挑戦

長袖のルルべちゃんもいましたし

おしゃれさんが並んで最後は記念撮影会でした、また春に

 

 

皆さんが夢中になっている間

スタッフは、庭の月桂樹の葉摘み

あったかいスープにも、嬉しい季節ですね


ポットマットを織ってみる

  • 2019.10.26 Saturday
  • 18:16

 

手と音のかわちせつこさん(HPの織は大織機で

それはそれは緻密な世界、北欧の織です

 

手持ちのかばんの布もどれくらいの方が

織ったと気づくんでしょう

接ぎ合わせも模様がぴたっと仕立てのこだわりも人一倍

そんなクレイジー域も心から楽しんでらっしゃいます

 

今日は手軽に織の仕組みを知り

織ってみる!という時間でした

ナンバリングされた、こんな袋から織機が7つ


 

「イネスっていう織機、子どものおもちゃなんですけどね」

プラスチックじゃない、こんなしっかり木でできた

おもちゃってところが、ドイツらしい

 

 

想像以上にいろんなものが織れるんだそうです

織×白樺でプチピンクッションといい

お道具から、いろいろと魅力的でした

 

初心者の方も、織を習ってらっしゃる方も

集中モードで丁寧に織り上げていきます

 

コツもつかんで、楽しくなってきたころに

経糸にハサミを入れました

糸のしまつが残った方は、毛糸針で丁寧に仕上げをお家で


 

お茶時間、寒い日にはこんな食卓も素敵ですね 

かわちせつこさんの食卓より

 

2B209546-1A0F-4E19-8B1F-4F22B0FC2DD8.jpeg

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM